みたりよんだりはなしたり

写真、旅行、おいしいものをたべることが好き。日々のつれづれを書いていきます。

甘酸っぱいタイムスリップ漫画「orange」。大人になってしまうと、リアリティあふれる6巻以降が真骨頂。

土屋太鳳ちゃん主演で映画化もされた、漫画「orange」。

高野苺「orange」特設サイト |株式会社双葉社 アクションコミックス

高校生男女6人による、甘酸っぱい恋愛青春マンガ…そして実はタイムスリップもののSF作品。

主人公である高校2年生の菜穂のもとに、10年後の自分から一通の手紙が届く。そこには、これから起こる出来事と、自分が抱えているある「後悔」を繰り返さないために、自分が指示する行動をとってほしい…ということが書かれていた。

手紙の内容を受け流していた菜穂だったが、手紙に書かれた出来事が次々と現実になり、その手紙を信じるようになる。そして、その手紙は、実は、菜穂が気になっている存在である翔があるトラブルに遭うことをなんとか回避するために、菜穂をはじめ、周りの友人たちが全員で10年後から送ってきているものだと知る。

感情の些細な行き違いなどが重なり、手紙の指示通りにはなかなかうまくいかない。翔にどんどん恋い焦がれていき、どこか不安定な翔のことを心配もしているのに、素直になれない菜穂。そんな菜穂に密かに恋心を抱き、見守る須和。

菜穂や翔、須和の運命はどうなるのか…。

 

この作品、一旦、5巻でクローズしたもの。

以下ネタバレしてしまうけれども、

スポンサードリンク

 

5巻まで描かれたことは、

・翔が最終的に事故で命を落としてしまったことを、菜穂や須和、友人たちは気に病んでおり、それがずっと5人に影を落としている。そこで、菜穂たちは、過去の自分たちに向けて手紙を書き、なんとか翔が死んでしまう未来を変えようとする。
(ちなみに、菜穂と須和は結婚しており、子どもをもうけている)

・過去の菜穂たちはその背景を知り、翔を救うために奮闘し、土壇場で翔の死を回避。菜穂と翔が結ばれ、須和はちょっと複雑な気持ちだけど、友人たちの恋の成就を笑顔で祝福

という、とても王道な、漫画らしいハッピーエンドだった。

うん、そう、そうなんだけど。

私はずっと、「菜穂が須和を選んだのはなぜ?そしてその先の世界はどうなっていくの?そっちの方がリアルじゃない?」とおばさん視点で思っていたのである。

 

転校生で、ある事情を抱えているために影がある翔。
その翔に惹かれていくのに、彼とは些細な行き違いが重なって、ついには彼を事故で永遠に失ってしまう。
その後悔。
そしてそれを取り戻したいと願う気持ち。
奇跡が起きて、過去を変えることができたという流れ。

 

うん、そう、そうなんだけど。
それはそれで素敵なんだけど。

 

でも、でも…実際に生きる世界は、過去を変えられない世界。
どんなに後悔があっても、それを抱えて生きていかなければいけない世界。

 

だから、私はこのSF展開が、どうしても、どうしても、どうしても納得がいかなかった。

性格が悪いことはわかっている。でも、実際には、翔を失った世界のほうが明らかに「リアル」で、あれだけの機微を描ける漫画なのだから、翔を失った世界のその先のリアルを、私は知りたいと思ったのだ。

 

だから、6巻の知らせは嬉しかった。

6巻は、菜穂を見守ってきた須和が主人公となり、翔を失った後の世界を描いているのだ。
切ないけれど、取り返せない過去があるけれど、それでも前を向いていく。
私はそちらを読みたいと思っていたから。

 

6巻の終わりで、ようやく、菜穂が須和を選び、前を向いていこうと決意したところ。

 

この話は、それでも翔に戻っていく輪っかの構造になっているので、翔に戻っていくところがあるのだと思うのだけど…それでも、この先、彼女たちが翔の死を受け入れ、どうしていくか、というところを見届けたい。

(菜穂が須和と幸せな家庭を築いても、それでも翔のことが気にかかる、だからその過去をなんとかしたい、と思うことも、またリアルだと思うから)